2008年12月31日水曜日

回顧2008年

千本浜 2008年12月27日

2008年は日本の経営者が恥を忘れた年。
あるいは馬脚を現した年だった。
こんな事態を招いたのは、直接的には小泉内閣、特に小泉純一郎氏と竹中平蔵氏に責任がある。

2009年は「乱」の年になるのか。

とりあえず私は2008年同様、キヤノンの製品だけは買わないようにします。

昨日(12月30日)の東京新聞朝刊より
-------------------------------------------------
【本音のコラム】解雇は恥だった
 鎌田慧

ついこの間まで、日本の経営者は解雇を恥と考え、「生首は飛ばさない」といっていた。「従業員の家族を抱えているのだから」とは、ごく普通のいいかたで、経営者のモラルというものだった。
労働者をクビにして利益を上げるのなら、経営者はいらない。
-------------------------------------------------

-------------------------------------------------
【私の提言】雇用破壊 越冬シェルター急げ
 ルポライター 北村年子さん

多くの人は、自分も家族も、ホームレス状態になることなどあり得ないと思っている。解雇される立場になって初めて分かったという人もいる。
いまだに野宿の人たちを「自己責任」「人生設計をちゃんとしなかった」と言う人もいるが、頑張れば、努力すれば必ず報われるという“神話”はもう通用しない。
-------------------------------------------------


9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

0 件のコメント: