2009年2月27日金曜日

夢破れてマンガあり

本当のことを言えば、三十年ほど前、まだ若者だった私も自分の未来を信じてはいなかった。
一週間以上先のことは考えられなかった。
これからどうなるんだろう。
漠とした不安に捕われるのが恐くて、ただ目の前の忙しさに逃げようとしていたのかもしれない。

もっと不条理に。
わずかな狂気を武器に、つまらない現実や誤解を笑いとばしてしまえ。

双葉社ひさいち文庫の新刊、『だからどーした劇場』。
シニカルなのに、不思議にあたたかい。



 


バイトくんは、どう見てもオレだった。

 →幻泉館日録:いしいひさいち『バイトくん』(1977年)


9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

0 件のコメント: