2009年2月28日土曜日

きのうの思い出に別れをつげるんだもの





ショップのポイントは早く使ってしまおう。
ということで注文したのが、大塚まさじさんのベスト盤。
前から気になってたんだけどね。

2枚組みのそれぞれ最後に入っているのが新録音(といっても2001年)の「プカプカ」と「男らしいってわかるかい」。

レコード盤に針を落として、と言いたいところだが。
わりとまともな音で鳴ってくれるステレオのCDプレイヤーにCDをセットして再生を始めると、まず1曲目で懐かしい世界が広がった。


「サーカスにはピエロが」
         作詞作曲:象狂象

 ♪ サーカスにはピエロが
 ♪ つきものなのさ
 ♪ だっていつもいつも君が
 ♪ 笑っているとは限らないもの


ディランIIのアルバム『きのうの思い出に別れをつげるんだもの』を買ったのは70年代も終わりに近づいたころ、中古でやっと手に入れたのだ。
だからこのアルバムが出た当初は雑誌で楽譜を見かけても、実際に聞いたことはなかった。
楽譜を見ながらギターを弾き語りするのだが、どうも「サーカスにはピエロが」はうまく歌えない。
どう歌えばいいのか、しばらくの間はまったくわからなかった。
雑音の多いラジオでまさじさんの歌が聞こえてきた時は、本当に嬉しかった。

 →幻泉館日録:♪満鉄の金ポタンのパカヤロウ♪

西岡恭蔵さんの曲を大塚まさじさんが歌う。
これが本当に良かったなあ。
別れの季節になると、聴きたくなる、歌いたくなる曲です。


 ♪ サーカスにはピエロが
 ♪ つきものなのさ
 ♪ だって昨日の思い出に
 ♪ 別れをつげるんだもの


 


9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

0 件のコメント: