2009年5月30日土曜日

裁判員拒否のすすめ






裁判員制度導入に際して、新聞各社は容疑者を「犯人視しない」と報道の指針を確認したのではなかったか。

ところが、実際の事件報道はどうだろう。
調査報道は皆無、「捜査関係者」のコメントを垂れ流すばかりだ。
中央大学教授刺殺事件の裁判に、まっさらな頭で臨むことができる裁判員などいるのだろうか。

 →良心的裁判員拒否のすすめ~あなたが「冤罪」に加担しないために~

-------------------------------------
裁判員制度は、裁判の市民参加は口実で、国家権力の恐ろしさを国民に教え、国家権力に従順な国民にして、憲法改正をしようとするのが狙いである。
-------------------------------------


9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

0 件のコメント: