2009年5月29日金曜日

人の血をすうダニ

千本浜 2009年5月26日


朝日新聞夕刊掲載の「ニッポン人脈記」は「大逆事件残照」。

 →asahi.com: ニッポン人脈記

連載8回目の今日(5/28)は、ブリキ缶で爆裂弾を作った宮下太吉と、宮下に大きな影響を与えたとされる内山愚堂の話だ。

自分で活字を組んで秘密出版を始めた愚堂が最初に作ったのは、「無政府共産--小作人ハナゼ苦シイカ」。

「なぜにおまいは、貧乏する。ワケをしらずば、きかしやうか。天子金もち、大地主。人の血をすふ、ダニがおる」

刑死した愚堂を、曹洞宗の宗門は僧籍を剥奪して永久追放した。
それから83年後の1993年、曹洞宗は処分を取り消し、愚堂の名誉回復をする。
処刑された時、内山愚堂はまだ36歳だった。

愚堂を駆り立てた直接のきっかけは、日露戦争の戦死家族の哀れだったという。

 →大逆事件 大逆罪・爆発物取締罰則弾圧による国家テロリズム


9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

0 件のコメント: