2009年11月30日月曜日

40 60

4060


これは本屋さんで見かけることなく、amazonで見つけて注文した本。
あんまり売れなかったのかね。

「4060」かと思っていたら、「40 60」なんだ。
読者の想定年齢が40歳から60歳ってこと?

特集が「ハーヴェスト! ニール・ヤングの70年代を追って」であります。
もっとページがあると良かったな。

私の場合、小特集のおやじバンドには興味がないのです。
そういうNHKみたいな発想は嫌いだ。


4060 フォーティー シックスティー 2008 秋



9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

2009年11月29日日曜日

ゴースト・ドッグ

鳩にまみれて暮らすのはなかなかつらいものだ。
『葉隠』を愛読書とする殺し屋ゴースト・ドッグが、『羅生門』を拾って読む。
妙におかしいんだよなあ。

フォレスト・ウィテカーさんを見ると、いつも笑福亭鶴瓶さんを思い出す。
似てるよね?

まだ観ている途中。
アイスクリームが食べたくなります。

amazonco.jpでは1,078円のこのDVDシリーズ、ちょこちょこ買っております。

 →ジム・ジャームッシュ [ゴースト・ドッグ]

ゴースト・ドッグ [DVD]



9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

2009年11月28日土曜日

胸が張り裂けそうな

The Live Anthology


トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのライブ盤買いました。
豪華版もすごく気になったのですが、まあ通常盤ということで。

いや、いいですなあ。

あ、YouTubeに公式映像がアップされてますね。


 →Tom Petty & The Heartbreakers - The Live Anthology Deluxe Box Set




 →The Live Anthology

  



9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

2009年11月27日金曜日

喪中葉書

喪中


喪中の葉書がぽつりぽつりと届く。

ああ、この人に年賀状を出すことは、もう二度とないんだ。
まだ実感の湧かない死が、ぽっかりと空いた隙間として現れる。
一枚のハガキが思い出させる、欠落。



9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

2009年11月26日木曜日

オレンジ MICRO CRUSH

orangeamp


もらいもののアンプを繋いでみた。
小さいけれど、というより、小さいから優れもの。
ストラップ用のピンが付属しているので、早速ぎりぎりねじこんで、ストラップを付けてみた。
こりゃええ。
近頃のミニアンプには、チューナーも付いているんですな。

これでストリートに出られるじゃないか♪






9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

2009年11月25日水曜日

マルタの歌

NHKのBSでやっていた「世紀を刻んだ歌」のシリーズは、見逃した番組が多いようだ。
この度、やっと「ヘイ・ジュード」の回を観ることができて嬉しいです。


 →YouTube: Hey jude




今観ると、何の変哲もない「ヘイ・ジュード」のチェコ語カバーにしか見えないのだが、まあ歌に歴史あり。
1968年、プラハの春が圧殺された時に、この歌も一度殺されてしまったんですね。
それから22年経った1990年、チェコ語版「ヘイ・ジュード」は革命のシンボルとして蘇ります。

そういえば、岡林信康さんが歌ってましたっけ。

 ♪ チエコは何にも言わないけれど
 ♪ 気持ちはよくわかる~

  (並木路子さんの「リンゴの唄」のメロディですぞ)

そうそう、この番組はロバート・ハリスさんという方が進行役をしています。
旺文社の英語参考書や大学受験ラジオ講座でおなじみだった、J.B.ハリスさんの息子さんなんですね。
知らなんだ。


 →YouTube: Marta Kubisova - Modlitba pro Martu





9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

去年と同じ

おなじみの飾り付けでした。

2009年11月24日火曜日

中島みゆきナイト #2

NHKのBS2とBShiで「中島みゆきナイト」をやるというので、11月20日(金)に放映したものを録画しておいて、今ちょこちょこと見ている。

う~ん。
薄い。

どうも見ていておもしろくない。
形だけは「プレステージ」の時と同じように見えるけど、密度が感じられない。
ファンの発言の中には、もっと貴重なものがあったのかもしれない。
細かい編集で、せっかくのファンの発言が、偏っているものに見える。
なぜか田家秀樹さんやエド・はるみさんが出てきて話すと、すっと温度が下がっていく。

金と時間があっただろうに、残念である。


 DRAMA!

 愛だけを残せ



9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

2009年11月23日月曜日

紅芋タルト

いただきもの。
うまうまです♪

2009年11月22日日曜日

あんこちゃん

伊豆大島の宣伝キャラであるようです。

2009年11月21日土曜日

2009年11月20日金曜日

みかん

いよいよ冬ですなぁ。

みかんがおいしくなってきました♪

2009年11月19日木曜日

Dead Man

Dead Man


ヤフオクで"Dead Man"のサントラ盤が安く出ていたので手に入れた。
ビデオが普及する以前は、サントラ盤で映画のシーンを思い出したりしたものだ。

このアルバムもセリフが入っているが、なんだか環境音楽みたいな感じで聴ける。
ジム・ジャームッシュが映画で描いたものとは違う、もう一つの物語が演奏される。
世評はどうか知らないが、これはなかなかいい。

なるほどな。
カート・コバーンか。

 →Mirro Ball / Neil Young

映画の先住民集落は、アイヌコタンのように見える。
「Nobody」が「William Blake」を送り出す。
そう、おくりびと。
人は生まれたところへ帰っていくのだな。


  It's time for you to leave now, William Blake.

  Time for you to go back where you came from.


 Dead Man / Neil Young



9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

2009年11月18日水曜日

中島みゆきナイト

11/20(金)と11/27(金)放送のBS熱中夜話は、「中島みゆき」だそうな。
熱く語っちゃう人がぞろぞろ出てきそう。

 →BS熱中夜話:中島みゆきナイト開催

その昔、テレビ朝日の深夜番組「プレステージ」で「私的中島みゆき論」みたいな特集をやった時は、みゆきさんの歌をよく知らない人がゲストで呼ばれていて、かわいそうなことになっていたっけ。
あ、呉智英先生お元気かしらん。


 DRAMA!

 愛だけを残せ

 CDジャーナルムック 中島みゆき読本



9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

ケース割れ多数

千本浜 2009年11月15日


ヤフオクなんぞ覗いていて不愉快なのは、「ノークレーム・ノーリターン」という断り書き。
まあヤフオク側では一応こんなページも作ってますが。

 →Yahoo!オークション 法律相談室

------------------------------------------------
つまり、説明にないシミやキズがあった商品に関しては「ノークレーム・ノーリターン」は無効です(※2)

※2 「ノークレーム・ノーリターン」が無効になるのは?
商品の問題点について、まったく知らされずに購入してしまった場合、その契約は無効になると定められている(民法95条「錯誤」)。
------------------------------------------------

CD74枚分売不可という出品を見かけた。
ケース割れ多数だそうです。
「ケース割れが多い為、県内の中古SHOPではなかなか値段が付かなかった」とまあ、きちんと説明なさってるんですが。
分売不可ではなあ。

現在50,000円、即決価格80,000円だそうです。


 →Yahoo!オークション:沖縄民謡系 全74枚 コレクションをまとめて放出!レア盤あり?



9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

狡い

千本浜 2009年11月15日


「狡い」という言葉がある。
「こすい」と読む。
広辞苑には文語として次のような意味が載っている。

--------------------------------------------------
(1)わるがしこい。ずるい。狂、馬口労ばくろう「をのれは―・い事をしおる」。「やり方が―・い」
(2)けちである。吝嗇りんしよくである。
--------------------------------------------------

「狡っ辛い」はまだ生きている。
同じく広辞苑によれば、こうなっている。

--------------------------------------------------
(コスカライの転) うまく立ち回って利を得ようとする性質である。ずるくて抜け目がない。
--------------------------------------------------

「狡い」も、方言のような形で生き残っているのかもしれない。
ずいぶんひさしぶりに母の口から「狡い」という言葉が出たので、調べてみたのだ。
そういえば、つげ義春さんのマンガにも、「コスい」といった言葉が出てきたように思う。

テレビのニュース番組に映し出される人の顔を見て、おっ母さんは何の脈略もなくその印象を口にすることがある。
少し前には、防衛庁長官/防衛大臣の顔を見ると、こう言っていた。

「この人はこれで賢いのかねえ」

それは知らないので、その度に「どうなんだろうねえ」と答えておいた。

今回は、オバマ大統領と握手する某国主席の顔を見てこう言った。

「こすそうだねえ」

それも知らないのだが、「絶対に悪党だよね」と答えておいた。
本当のところはどうなのか。



9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー