2012年2月25日土曜日

赤狩りの時代

週刊金曜日


本当にたいした人物ではないのである。
取るに足りない小者。
思想信条とか、信念とかいったものとは、まったく縁がない。
目先の利益のために、小利口に立ち回ろうとする。

歴史の皮肉と言うべきか、そんな小者が重要な役割を与えられて大立ち回りを演じることがある。
とても多くの人が不幸になってしまう。

突然、赤狩りの時代がやってきた。
押しつけられたものではない。
つまらない人物に騙され、でも結局は自分たちで、選んでしまう。

まさに自由からの逃走だ。






9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

0 件のコメント: