2012年3月8日木曜日

あれから三十年

3・7集会チラシ


ちょっと捜し物をしていたら、チラシやパンフレットの類いが出てきた。

ああ、ちょうど三十年前。
1982年3月7日の日曜日に、僕は四谷公会堂に行ったらしい。

--------------------------------------------------
    60年代の解放闘争の中で
    それはどんな光を放ったか
    
    3・7反弾圧集会
--------------------------------------------------

■1▼映画「コンドルの血」(ウカマウ作品)
 オキナワのうた――新里愛蔵
 
■2▼パネルディスカッション
 「いま、〈反日〉を考える」
 司会――菅孝行+松沢哲成
 パネラー――池田浩士+野本三吉+郡山吉江+小田原紀雄+山岡強一+太田昌国
 
■3▼LIVE PEROMANCE
 A-MUSIK+千野秀一 REAL 白石民夫 工藤冬里 岡本民 HONEYMOONS 香村かをり

--------------------------------------------------

ウカマウの映画は確かに観た覚えがあるのだが、そう、それと野本さんに野次が飛んだのを覚えているのだが、ライブはどうだったんだっけ。
もしかしたら、本を売りに行っていたのかな。
つまり、仕事。

しかし、よくもまあ、ちょうど三十年後、2012年3月7日の夜に見つけたものだ。


-----------------------------------------------------------------------------
sensouhantai 明月社・山岸飛鳥 3/7 20:27
橋下のバックがだんだん明らかに
野村修也弁護士への懲戒処分に反対する「嘆願書」 の賛同者
松原聡(東洋大学教授)
岸ひろゆき(慶応義塾大学大学院教授)
竹中平蔵(経済学者)
松田こうた(タリーズ創業者)
渡辺よしみ(衆議院議員)
jikiso.blogspot.com/2012/02/blog-p…

kinoryuichi 木野龍逸 (Ryuichi KINO) 3/7 20:08
【東電会見】続4)事故前から職にあった勝俣会長か、現在の責任者である西澤社長のどちらかは、顔を出して生の声を伝えるべきだろうと思う。で、会見で質問に答えるべきではないか。これは事故当事者の義務でもある。そもそも会見回数が激減、勝俣会長などは昨年5月を最後に事故会見には出てきてない

cnvvlty tomo san 3/7 20:08
東京電力福島第一原発については、温度計の故障よりも、事実の隠蔽が続いている可能性のほうが圧倒的に高い。この1年間の実際にあったいくつもの事例が指し示している。
-----------------------------------------------------------------------------



9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

0 件のコメント: