2012年9月13日木曜日

反核 反原発 ふるさと便り






ギターアンプを引き摺り出したおかげで、いろいろ懐かしい本が出てきた。
片付けが終わる前に読み出してしまうので、なかなか作業が進まない。
汗と埃にまみれて、深夜読みふける。

1988年(昭和63年)の「現代農業」9月増刊号。
復刊500号記念とも書いてある。

----------------------------
  反核
  反原発
  ふるさと便り
  土と潮の声を聞け
----------------------------

巻頭に樋口健二さんの写真があって、目次の次に「▼第一部 いまサイレンが鳴り始めたら」。
最初が松下竜一さんの「一九八八年夏 原発のある里」だ。
ああ懐かしいなと思って読み始め、ふと気づく。
あ、福島は?

二つの記事が載っていた。






------------------------------------------------------------------------------
▼第三部 わがふるさとに原発はいらない

土地を売る権利があっても孫子の命を売る権利はない(福島)
桝倉隆・談(まとめ・恩田勝亘)
------------------------------------------------------------------------------

桝倉さんは、東北電力の原発建設計画に対して反対運動を続けていた、浪江町原発誘致反対同盟(後に棚塩原発反対同盟)の委員長さんだ。

浪江町は原発を追い出すことができたが、隣接する双葉町と大熊町に福島第一原子力発電所が建設され、そして2011年の原発事故により、大被害を受けることになる。




------------------------------------------------------------------------------
▼第四部 いまだけの「便利さ」と永遠の「豊さ」

原発に地域の未来は託せるか
苦悩する原発城下町
恩田勝亘
------------------------------------------------------------------------------

地域の未来を、今の私たちはもう知っている。

地元紙「福島民友」「福島民報」が原発を」推進したことや、「TCIA」と呼ばれる東電による住民への監視活動が述べられている。
地域は金で支配されており、そしてその破綻も予想されている。
小見出しを挙げておこう。

●世界有数の原発基地のまち「大熊」「双葉」
●原発の恩恵
●カネがうなりながら流れ込んできた
●「豊さ」の代償は何だったのか
●骨の髄まで「出稼ぎ」のしがらみ
●「打出の小槌」の夢から醒めたとき

棚塩原発反対同盟のことは本になっているようだ。





------------------------------------------------------------------------------
@gensenkan99 幻泉館主人 1:38
[ネットゲリラ] そういやコイツ、金貸しのお抱えだったなw blog.shadowcity.jp/my/2012/09/pos…
#ハシゲ #維新
------------------------------------------------------------------------------


9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

0 件のコメント: