2012年10月18日木曜日

人生は十段変速の自転車みたいなもの


ライナス


人生は○○だ。

○○にはたいていのものが代入可能です。
ぱっと思いうかぶのはフェリーニですな。

人生は祭りだ。
ともに楽しもう。

続く部分がなければ、いかようにも解釈できます。
酒場の人生論。

チャールズ・シュルツのピーナッツ・アンソロジーが出てきました。
その一冊が"Peanuts Wisdom Life Is Like A Ten-Speed Bicycle"。
「ピーナッツの知恵 人生は十段変速の自転車みたいなもの」ぐらいのものかな。

指しゃぶり&毛布固着のライナス君のセリフです。
だから、ライナス君の人生観。
それを犬小屋の上にいるスヌーピーに訴えかけます。

"THERE'S SOMETHING TO THINK ABOUT"

"LIFE IS LIKE A TEN-SPPED BICYCLE.."

"MOST OF US HAVE GEARS THJAT WE NEVER USE!"

四コマ目で、スヌーピーが犬小屋の上で仰向けに転がり、つぶやきます。

"HE'S WRONG.. THAT ISN'T SOMETHING TO THINK ABOUT..."

Googleで「人生は十段変速の自転車みたいなもの」を検索してみると、たくさんヒットします。
どうも人生をめぐる「名言」としてかなり有名な言葉のようです。
それだけに、この元のマンガを読まないで語っちゃってるみたいです。
なんか違うんじゃないかなあ。

若松孝二監督の『天使の恍惚』を初めて観た時の私の感想は、「ピーナッツみたいだなあ」というものでした。
言葉と映像の乖離がおもしろかったのです。

幻泉館日録:スヌーピーたちの人生案内


  


------------------------------------------------------------------------------
@neilyoung Neil Young 4:43
See the new video for 'Twisted Road' off "Psychedelic Pill"- coming 10/30. youtube.com/watch?v=eCbEOT…

@DONDELI DELI 2:04
「若松監督「原発映画必ずやる、国が隠そうとしているもの全部ぶちまけたい」」:イザ! iza.ne.jp/news/newsartic…
------------------------------------------------------------------------------


9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

0 件のコメント: