2012年10月7日日曜日

津軽



津軽


太宰治著『津軽』の初版本……をパッケージにデザインしたお菓子。
お土産にいただきました。

太宰の本は、中学高校の時、モノトーンのカバーが付いた新潮文庫をひととおり読んだはずだな。
しかし、『津軽』、まったく覚えておりません。
ひどいもんだ。

青空文庫:太宰治 津軽

ああ、なるほど、そうだったか。
青空文庫、便利だねえ。

本当にこういうデザインだったのかしら。
と思って画像検索してみました。
この同じお菓子ががんがんヒットする中に、ありました、ありました。
五所川原の太宰治記念館のサイトに。
しかし、「斜陽館」って、すごい名前だなあ。

太宰治記念館【斜陽館】

元の本の表紙に「新風土記叢書」と書いてあったところが、お菓子だと「林檎ファイバー入りクッキー」。
いちばん下に「小山書店版」と書いてある箇所が「RAGUENEAU」となっています。
製造が「ラグノオささき」。

「社名の由来は、「酪農」の津軽弁訛りであると誤解されることが多いが、実際はエドモン・ロスタン作の戯曲「シラノ・ド・ベルジュラック」に登場する菓子職人の名前」

あ、そうですか。
失礼しました。

ラグノオ


  





9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

0 件のコメント: