2013年1月22日火曜日

ねことオルガン #2


ねことオルガン


幻泉館日録:ねことオルガン

『ねことオルガン』

小学生の時に大好きだった絵本です。
Amazon.co.jpで検索してみると、1973年の中谷千代子版が「中古品」で9,550円、1988年の渡辺有一版が「中古品」で6,000円の値が付けてあります。
すごいね。

---------------------------------------------------------------------------------------
ねことオルガン (創作幼年童話選 1) 今西 祐行、 中谷 千代子 (小峰書店 1973/01)
ねことオルガン (今西祐行全集 1) 今西 祐行、 渡辺 有一 (偕成社 1988/11)
---------------------------------------------------------------------------------------

でも、私が馴染んだ版は、久保雅勇さんの絵のものです。
絶版です。
ああ、復刊ドットコムの復刊リクエスト投票にありますね。

復刊ドットコム:『ねことオルガン』

そう、今となってはヒナの仲間だったんだなと驚いています。
表紙だけで泣けてきます。
ぜひぜひ復刊してほしいものであります。

もう半世紀近く前、小学生の時にまったく同じような感想を抱いて、その時の気持ちを今も大事にしてる方がたくさんいるのです。
学級文庫のようなところで借りて読んだ人が多いと思います。
だからみんな、心優しい猫たちの、思い出だけが残っているのです。

通勤ネコ日記。: ねことオルガン


9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

0 件のコメント: