2013年3月6日水曜日

弦を春日



Martin D-28


あ、飛んだ。

春のギター弦張り替え祭り、続きです。
アコースティック・ギターのボディ側で弦を留めているピン、ブリッッジピンというそうですが、弩級28号君の弦を張り替えていたら、そのブリッッジピンが飛んでしまいました。
すぐに見つかるだろうと思ったら、これが出てこない。
まあ、探すのをやめた時見つかることもよくある話で、とりあえずあきらめます。
なにしろ先が長いですから。

で、いちばん太い六弦目を張らないままにして、次に移ります。
えーっと、ず~~っと弾いてなかったバックパッカー君を引っ張り出します。
おひさしぶり。

意外に弾きやすい。
音も小さくて、夜泣きにいいかも。
見直しました。

これはライトゲージだと太すぎるんですよね。
さすがにD-28と比べると、華奢です。
サウンドホールから内部を覗くとシリアルナンバーを書いた紙が貼ってあるんですが、そこにちゃんと「EXTRA LIGHT」を使ってねと、書いてあります。
よし、バックパッカー君を蘇らそう。

これが二挺目。
タイトルは、「げんをはるひ」とお読みくださいませ。

Martin/ブリッジピン&エンドピンセット Ebony/Pearl

幻泉館日録:私の世界

幻泉館日録:ギター弦棚卸し


Martin Backpacker


――――――――――――――――――――――
@gensenkan99 幻泉館主人 3/5 19:41
「ブロードバンド・サポートセンターと申しますが、お世話になっております」
いや、お世話になってないから。
実に怪しい。
そういう会社名なんだそうな。
用はないよと、電話を切る。
あ、これかな。 http://okwave.jp/qa/q7212221.html
――――――――――――――――――――――



9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

0 件のコメント: