2013年10月22日火曜日

母に会いに行く






月に一度の歯医者さん。
置いてある週刊朝日をぱらぱらと眺めていると、知らない連載マンガがあった。
丸っこい禿げおやじと、その認知症の母親。
二人の形が、なんだかうちの親子みたいだ。
すっと入ってくる。

あぶないところだった。
歯医者さんの待合室で落涙しそうだった。
まあ、歯が痛いんだと言い訳できるが。

自由に過去と幻を行き来する母親。
高野文子さんの「田辺のつる」を思いだしたのだが、そうか、あれはもう三十年以上前のマンガなのか。

ずっと身につまされる。
おかんとおれの、可能性の中のそう遠くない未来。

作者の名前もタイトルもお覚えていないかったが、週刊朝日の連載を調べると、岡野雄一さんの「ペコロスの母の玉手箱」だとわかった。
ああ、ずいぶん話題になってたんだな。
知らなかった。
そうか、森崎東監督が映画撮ったのか。

ペコロスの母に会いに行く

――――――――――――――――――――――
内容紹介
母は、人生の重荷を下したかのように、ゆっくりとゆっくりとボケていきました─

62歳、無名の“ハゲちゃびん"漫画家が施設に暮らす認知症の母との「可笑しく」も「切ない」日々を綴った感動のコミックエッセイ!
40歳で故郷長崎にUターンした漫画家(62歳)が、親の老いを見つめてきた日々の、笑えて、温かくて、どこか切ない家族の物語。
主人公は、認知症と診断され施設に暮らす現在89歳の母。母が見せる「人生の重荷を下ろしたとびっきりの笑顔」や、著者のはげた頭を見て名前を思い出すエピソード、時折つぶやく亡き父との思い出話などを描いたコミックエッセイです。
「忘れること、ボケることは、悪いことばかりじゃないんだ。母を見ていてそう思った」

出版社からのコメント
第42回日本漫画家協会賞優秀賞受賞! 映画『ペコロスの母に会いに行く』が2013年11月全国の劇場で公開決定。出演は岩松了、赤木春恵、原田貴和子、加瀬亮など。
――――――――――――――――――――――

岡野雄一オフィシャルウェブサイト

映画『ペコロスの母に会いに行く』公式サイト


 


――――――――――――――――――――――
@gensenkan99幻泉館主人 14:41
ふうん。増税やTPPも削れや。 > もとの発言のままでは世論の理解も得られないとみて、発言を修正 汚染水「完全にブロック」→「ブロック」 安倍首相修正 t.asahi.com/cwcs
#安倍 #嘘 #ウソ

@masaru_kaneko金子勝 6:17
安倍首相の子分を集めた「ユウシキシャ会議」が、米国と一緒に戦争をする集団的自衛権の解釈改憲に続いて、武器輸出3原則の見直しを含む国家安全保障会議の策定を急ぐよう取りまとめ。「積極的平和主義」とは「武力による『攻撃』主義」のことです。 goo.gl/LXUv24

@masaru_kaneko金子勝 6:14
東電は対策が間に合わないとして、台風27号が来て堰から溢れた場合に基準値を下回る汚染水は排出する予定だという。基準値以下と言っても手順は省略。雨で薄まれるが、問題は総量。これでは、地下水と相まって放出総量はどんどん累積してしまう。 goo.gl/2sqSvB

@soulflowerunionソウル・フラワー・ユニオン 1:26
急落する現場の士気 福島第一原発、見えてきた危険な未来<第1回>(英ガーディアン紙 10/15) bit.ly/19WPb2N
「福島第一原発の作業員の70%が、メルトダウンの発生により家族を避難させなければならない状況に陥っている」
――――――――――――――――――――――



9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

0 件のコメント: