2014年4月14日月曜日

給料の上がりし春は



2014年4月13日


「き」という変な活用をする助動詞があったな。
おなじみ広辞苑を引いてみようか。

                 広辞苑 第六版
――――――――――――――――――――――

[助動]
(活用は特殊型。[活用]せ/○/き/し/しか/○)活用語の連用形に付く。ただしカ変動詞には「こし」「こしか」「きし」「きしか」、サ変動詞には「せし」「せしか」「しき」のように付く。今から、過去にあった事を思い起こす(回想する)意を表す。室町時代以降は「た」と同じ意味で用いた。
1 過去を回想する意を表す。多くの場合、今ではもう取り返せない事という意がこもる。…た。…だった。古事記上「わがゐ寝し妹は忘れじ世のことごとに」。万葉集3「吾妹子が植ゑし梅の樹見るごとに心むせつつ涙し流る」
2 (未来を含めて)ある時点で確実に起こったと認められる事態を表す。(「た」に通じる用法)…た。百二十句本平家「切られたりと聞えしかば」
3 未然形「せ」に助詞「ば」が続き、過去の仮定を表す。もし…だったならば。多く助動詞「まし」と呼応する。現実とは反対のことを望む発想が多い。(なお「せ」はサ変の未然形とする説もある)万葉集2「高光るわが日の皇子のいましせば島の御門は荒れざらましを」
――――――――――――――――――――――

そうだよな。
直接経験の過去。
「多くの場合、今ではもう取り返せない事という意がこもる」というのが悲しい。
つまり、昔は春に給料が上がったものだったなあという感慨がこもっているのである。

やっぱりバカだよな、アレ。
思いっきり。
頭の中はお花畑なんだろう。


 安倍晋三の本性


――――――――――――――――――――――
週刊金曜日@syukan_kinyobi 4/13 23:21
再稼働が狙われている伊方原発の危険性、四国電力のデタラメさはこれを読めば良くわかります。無料公開中。斉間満著『原発の来た町-原発は建てられた/伊方原発の30年』 bit.ly/nq1CA7 (浩) #伊方 #原発
――――――――――――――――――――――



9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

0 件のコメント: