2014年7月15日火曜日

アギーレ 神の怒り







アギーレという名前を聞いてぱっと思い浮かべるのは、70年代の西ドイツ映画、『アギーレ 神の怒り』だ。
あのクラウス・キンスキーが主演。
ナスターシャ・キンスキーのお父さんね。

お、YouTubeで全編観ることができますな。

YouTube: Aguirre, a Cólera dos Deuses - Filme Completo - Legendado

狂気です。
ヴェルナー・ヘルツォーク監督とクラウス・キンスキーというと、『ノスフェラトゥ』という気味の悪い吸血鬼映画も有名ですな。
んー。
『アギーレ 神の怒り』の方が気持ち悪いかな。

そういえば、クラウス・キンスキーは娘への性的虐待がニュースになってたな。
ナスターシャの姉です。

この映画を観ると、どうしてもラス・カサスを思い出します。
あ、新訳出たのか。
訳者が同じというのは不思議。

インディアスの破壊についての簡潔な報告 (岩波文庫)

――――――――――――――――――――――
内容紹介
キリスト教化と文明化の名の下に新世界へ馬を駆って乗込んだスペイン人征服者たちによる搾取とインディオ殺戮が日常化している植民地の実態を暴露し、告発した書。1552年に印刷に付されたこの「報告」は、刊行直後から19世紀末まで、スペインと敵対する諸外国により反スペイン宣伝の格好の道具として使われ続けた。改訳決定版。
内容(「BOOK」データベースより)
キリスト教化と文明化の名の下に新世界へ乗り込んだスペイン人征服者によるインディオの殺戮と搾取―。残虐非道が日常化した植民地の実態を暴露し、西欧による地理上の諸発見の内実を告発した植民地問題の古典。十全な解説を付した改訳決定版。
――――――――――――――――――――――

あ、『インディアス史』も岩波文庫に入ってたのか。
しかし、圧縮したとはどういうことなのか。
???

▼インディアス史〈1〉 (岩波文庫)

――――――――――――――――――――――
内容(「BOOK」データベースより)
十六世紀中葉、スペイン人キリスト教徒が書き遺した類まれな世界史記述。コロンブスが記した「航海日誌」を読み解きながら、「発見」された民の人間的資質を浮彫りにし、同時に、彼らを裏切りその地を壊滅させてゆく「毒草の種」を導入した彼の責任を追及する。
――――――――――――――――――――――

幻泉館日録:スヌーピーのノート<>/a

 


――――――――――――――――――――――
NHKニュース@nhk_news 5:09
オスプレイ 関東・静岡上空きょう初飛行 nhk.jp/N4EM5SVi #nhk_news

田中龍作@tanakaryusaku 3:39
新記事 『 【ガザ発】 一瞬にして19人の命は奪われた 』…tanakaryusaku.jp

ソウル・フラワー・ユニオン@soulflowerunion 1:50
いい写真。RT @opknox 1943年、NYで撮影されたウディ・ガスリー(ライフ誌)Woody Guthrie: Photos of an American Treasure ti.me/GFHT8u
pic.twitter.com/Zw7dKZBCZK
BsgldLQCYAAqQnj

幻泉館主人@gensenkan99 3:08
福島第1:放出量は最大4兆ベクレル がれき撤去で東電 - 毎日新聞 http://mainichi.jp/select/news/20140715k0000m040129000c.html
#原発 #東電 #放射能 #放射性物質 #瓦礫 #農水省

幻泉館主人@gensenkan99 3:07
[ネットゲリラ] 鼻血はやっぱり放射能が原因 http://my.shadowcity.jp/2014/07/post-5236.html
#福島 #原発 #東電 #放射能 #放射性物質 #鼻血
――――――――――――――――――――――


解釈改憲 絶対反対



9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

0 件のコメント: