2014年11月23日日曜日

霧の犬



2014年11月23日


勤労感謝の日は初冬の好日。
働かないおじさんはせっせと洗濯をしたり、布団を干したり、掃除機をかけたり。

辺見庸さんの本が届いた。
ポイントの都合で別のところに注文したが、同じ日に届いた。
こいつぁ冬から縁起がいいわ。

『反逆する風景』は、講談社文庫版も出てきた。
鉄筆文庫版と本の厚さ、束はあまり変わらないけれど、本文は30ページほど増えているようだ。

――――――――――――――――――――――
おそらく、かつて見たこともない「てんやわんや時代」がついに到来したのである。本書がてんやわんやの風景に周章狼狽しないための「点眼薬」の作用を果たすように祈る。
――――――――――――――――――――――

「鉄筆文庫版のあとがき」に、妙に納得してしまう。
そうか、点眼薬だったのか。
そうかもしれない。

眼鏡の比喩だと、色眼鏡みたいにマイナスのイメージが付加されるものな。
裸眼でぼんやりと、居心地の良い風景に暮らしていたものが、度の合った眼鏡を掛けるとはっきり、それこそ細部までくっきり見えてしまい、かえって息苦しくなる。
きつい近視や乱視の、この眼に慣れてしまっているのだ。

点眼薬の喩えの方が健全だな。
本来見える力を持っている、その眼が曇らされているのだ。

『霧の犬 a dog in the fog』は装丁がちょっと残念。
PP掛かってないから、汚れちゃうんだよねえ。


 


――――――――――――――――――――――
幻泉館主人@gensenkan99 3:50
[ネットゲリラ] 「脱税」と言われた途端に、国会解散 http://my.shadowcity.jp/2014/11/post-6059.html
#安倍晋三 #脱税
――――――――――――――――――――――



9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

0 件のコメント: