2014年12月27日土曜日

21 Versions of Scarborough Fair






今日はふと気が付くと、「スカボロー・フェア」がぐるぐる回っていたのです。
頭の中を。
何がきっかけだったんだろうなあ。

中学生の時にラジオでサイモン&ガーファンクルを聴いたんだろうな。
びっくりしました。
たぶん人前で歌ったことはないんだけど、時々一人で口ずさんでたんだと思います。
適当にコーラスに移っちゃうんで、なかなかひどい歌だったことでしょう。

あ、録音してみたことあるかもしれない。
自分でコーラス付けようとして。
その出来がひどかったんで、人前で歌わなかったのかも。

YouTube: Simon & Garfunkel Scarborough Fair

で、買い物かなんかで中断したら、今度は「北国の少女」ぐるぐるに変わってました。
ボブ・ディランとジョニー・キャッシュのバージョン。
あのつるんつるんの声も、すっげえ低音も出ない。
ボブ・ディランのLPで最初に買ったのが、"Nashville Skyline"だったんだよね。

これ、間違ってると思います。
だって、さすがにこれは違うんじゃないかと思ったもの。
遅れて来た少年。
でも、繰り返して聴きましたわよ。

YouTube: BOB DYLAN & JOHNNY CASH - Girl From The North Country

それで思い出しました、マーティン・カーシー。
ポール・サイモンさん、これはちょっとなあ。
どうも中学生の時のように浸れませんわ。

幻泉館日録:北国の少女/スカボロー・フェア

YouTube: Martin Carthy - Scarborough Fair

YouTubeをうろうろしていたら、妙なものがアップされてました。
カーリー・サイモンとか、セルジオ・メンデスとか、サラ・ブライトマンとか、まあやっぱり良い曲なんですな。
ラストAoi Tada(多田葵)のところで使われてる画像が間違ってて、おかしいです。
って、わざとなのかしら。

細切れなんでちょっと落ち着きませんが、右側のリンク「ミックス - 21 Versions of Scarborough Fair 」をクリックすれば、いろんな演奏がフルコーラスで聴けますが、21 Versionsに登場する演奏とはまた違います。

YouTube: 21 Versions of Scarborough Fair





――――――――――――――――――――――
金子勝@masaru_kaneko 13:46
【理研と東大3】思い起こせば、東大病院の黒川教授、小室教授がかかわったノバルティスファーマとの資金提供、データねつ造問題の記者会見も、小保方晴子の記者会見にぶつけた。安倍政権下の「科学技術政策」の成果主義がもたらす結果が何かがよくわかる。このやり方、本当に腐っています。

金子勝@masaru_kaneko 13:44
【理研と東大2】東大は加藤茂明大量ねつ造事件についての中間報告を26日にぶつけて発表。東大総長選、医学部長選挙の終わった直後に、総長選に立候補し医学部長になった宮園教授との共同研究論文(文献23)を捏造と判定。宮園氏から説明はない。 goo.gl/dFXyze

金子勝@masaru_kaneko 13:43
【理研と東大1】26日に理研は、小保方氏の辞表を受理して元職員にしてから、STAP細胞はES細胞だった、ゲノム配列から若山研で作ったES細胞とわかった、誰がすりかえたかわからない、との再実験結果を発表。責任逃れに終始する文科省と理研。 goo.gl/uMMR5b

大西連@ohnishiren 8:37
炊き出しなどのホームレス支援活動をやめさせるために公園を封鎖とか、渋谷区の対応は前代未聞だな。

長野たかし@danmamomo 10:02
1位安倍、2位石破、3位百田。
…かな?私の「顔も見たくない!どっか行け!」順位。 fb.me/3ZsxXYmZy

ジャーナリスト 田中稔@minorucchu 9:46
山本太郎議員が絶滅寸前の生活の党を救った。生活の党に入党し政党交付金要件を守った。保身のために大政党にくら替えするのとは違う。社民党が困った時も東京比例の石川大我さんを支援した。太郎議員の一連の行動を熱烈支持。

OMP(さらば暴政)@ompfarm 9:10
「検査すれば、いままで見つからなかった自覚症状のない甲状腺ガンが見つかっていく」のなら、これは福島県だけの問題ではなく、全国で行うべきスクリーニングじゃないのかね。しかも、「被曝の影響は考えられない」と結論づけているのだし。選挙に600億もかけるくらいなら、出来るでしょ。
――――――――――――――――――――――



9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

0 件のコメント: