2014年12月17日水曜日

頭上注意






テレビのCMに淀長さんのCGが出てきておっと思ったのであるが。
ぱっと思い浮かべたのは、懐かしいテレビ番組『マックス・ヘッドルーム』。
主人公ではなくて、亡くなった人をCGで甦らせるという詐欺のエピソードを思い出した。
ご本人のあずかり知らぬところであんなふうに出演というのは、あまり気持ちよくない。

アナログの時代によくがんばって作ってたなあ、あの番組。
大好きだったなあ。
双方向通信のテレビに支配されている社会を描いていた。
20分後の未来(20 Minutes into the Future)。

『ツイン・ピークス』よりだいぶ前なのか。

淀川長治さんCGでよみがえる 生前の声でHuluテレビCM出演

YouTube: 1980's Some of the best max headroom quotes (from the 80's man)





――――――――――――――――――――――
マガジン9@magazine9 14:57
21世紀の日本で、本気で「戦争させるな!」と言わなければならない事態になるなんて、あなたは予想していただろうか。→第三次安倍政権発足に誓う。の巻‐雨宮処凛がゆく!-第320回 | マガジン9 #maga9 http://www.magazine9.jp/article/amamiya/16924/
――――――――――――――――――――――



9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

0 件のコメント: