2014年12月9日火曜日

文明開化は長崎から



2014年12月8日


アマゾンさんから、広瀬隆さんの新刊が出たよと案内が来た。

文明開化は長崎から 上 (単行本)

文明開化は長崎から 下 (単行本)

――――――――――――――――――――――
内容紹介
「これまで私は、四〇年ほど書物を執筆してきたが、一九九一年に刊行した『赤い楯 ロスチャイルドの謎』(集英社)と共に、
本書のためにおこなった歴史調査ほど、本心から充実した作業を実感したことはなかった。その意味で、誇りを持って読者に、新しい日本史の記録を捧げる」(下巻 あとがきより)

江戸時代初期から幕末まで、西洋文明への唯一の玄関であった「長崎」をキーワードに、
そこに集結した異才・天才・俊才たちの業績と生き様を描き出し、日本近代の産業史、技術史、文化史を再構築する。
ベストセラー『赤い楯』以来、23年ぶりに著者が世に問う画期的歴史大作!
――――――――――――――――――――――

あ、『赤い楯』の続編なんだ。
懐かしい。
本郷の零細出版社でごろごろしていた頃を思い出す。
『危険な話』の頃。

『エンデ』だよな。
実態経済と関係なく嘘吐きまくる愚かな首相を連想する。
木偶人形にすぎないんだが、悪質。


  



9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

0 件のコメント: