2015年12月28日月曜日

犬とお散歩日記

2015年12月27日


夜中に少年が吠え始める。
どうしたんだ。
珍しいな。

外へ出て、少年の頭、首、背中をしばらくなでてやる。
それで安心したのか、静かになった。
月がきれいだった。

家の中に入ってヒナに夜中の餌をやると、例によって頭コシコシしてくれよと言ってきた。
ちょっとだけ頭をなでてやってぼおっとしていたら、こちらの手をぺろぺろとなめてきた。
これも珍しい。
みんな、どうしたんだ。

ここのところ、犬とお散歩日記になってますね。
まあ、何かやってると多少は気が紛れるんで、結局ブログを休まず更新しています。
好天が続いているのがありがたい。

少年とお散歩の三日目は、8の字コースをとろうとした少年をなだめて、一時間程度で切り上げてもらいました。
多少不満そうでしたが、そんなにこだわらないタイプです。
よしよし。

うちより北に向かいましたが、初日より少し東にずれてます。
小学校の時の友達の家が何軒かあるところ。
当時は周りが田んぼばかりでした。

そういえば当時うちで飼っていたエル君は、放し飼いでした。
今では考えられないね。
小学校一年の教科書に登場した犬がエル君がそっくりで、名前もエル。
とてもうれしかったなあ。
柴とスピッツの雑種で、白のベースに薄茶色の斑がありました。
めっぽうケンカが強い、東映やくざ映画みたいな一匹狼(犬だけど)。
でも、子供には優しかった。

犬連れて歩いてると、声を掛けられるんですね。
挨拶とかも。
コミュニケーション・ツールとしてはかなり優秀。

今日は途中で似たような柴犬と遭遇しました。
数メートルの距離で二匹がぴたりと止まります。
しばらくして少年がひょいと動くと、相手の犬がワンワン吠えたてました。
「ダメだったね」
相手の飼い主がおじさんがちょっと謝った風がおかしかった。
少年はまったく相手にせず。
意外にオトナです。

庭の広いシノブ君(仮名♂もうすぐ還暦)の家の前を通りかかったら、おじさんが脚立を持って立っています。
シノブ君?
ちらりと優しそうなおじさんの顔が見えました。
ああ、そうなったのか。
手倉森監督を小ぶりにした風貌。
小学生の時の姿からは想像できませんわ。

そうそう、あわてて注文した「立ち上がり補助手すり」というものが届きました。
なるほどなという作りですが、遅かった。
おっ母さんはここ数日の間に立ち上がれなくなりました。
もしかして犬のお散歩日記から、かあさん介護日記になってしまうのか?





―――――――――――――――――――――
幻泉館主人@gensenkan99 12/27 21:47
[ネットゲリラ] 「景気は良いのだ」と百万遍唱えてもムダでした http://my.shadowcity.jp/2015/12/post-8488.html
#安倍晋三 #アベノミクス #失政 #売国
―――――――――――――――――――――



9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

0 件のコメント: