2016年1月3日日曜日

甘さひかえめ



2016年1月2日


今日はデイケアのある日だった。
病院関係が四日からとなっていたので、なんとなくまだないものかと思っていたら、朝お迎えが来た。
寝ぼけていたのか、入れ歯と飲み薬を忘れてしまう。
近いところなので、昼前、届けに行った。

突然お休みをもらったみたいで、なんだかぼおっとしてしまう。
うれしい。
何しよう。

シーツやタオルケットの洗濯。
天気がいいのがありがたいね。

母の居室の掃除。
インナーは頻繁に着替えるので、もう少し買っておこう。
簡単な衣装ケースも欲しい。

買い物メモを作っていたが、それを持たないまま忘れ物を届けて買い物に回る。
ああ、正月だった。
初荷だ。

福袋というものには縁がないが、スーパーでPascoの福袋を買う。
といってもの、中身のわかってるやつ。
超熟6枚切り、イングリッシュマフィン、メロンパン、スナックパンチョコチップス、ロールケーキ。
500円なら、まあ安いんだろう。
ちょっとうれしい。

鮮度切れで割引シールの貼ってあるやつ。
おせち料理でそんなのは初めて買ったぞ。
紀文の「甘さひかえめ丹波黒豆」と「甘さひかえめ田作り」が50%引き。
ふむっ!
これはかなりうれしい。

縁起物だからという声もあろうが、こちとら年末から運も何もあったもんじゃない、大変な目に遭っている。
賞味期限が1月7日なんだから、立派なものじゃないか。
ふむっ!
ふむっ!

実は子供の頃、おせち料理があまり食べられなかった。
光り物みたいなのがダメなのだ。
きんとん、黒豆、田作りは好きだった。
これは正月でなくても食いたい。
季節商品なのが残念だ。

しかし、「甘さひかえめ」って不思議だな。
こういうものはしっかり甘い方がいいんでねえの?
少なくとも私の子供の頃はそうだった。
今は「甘さひかえめ」でないと売れないんだろうな。

少年の散歩もゆっくりできるかと思っていたら、あっという間に帰宅時刻になり、私は遅刻してしまった。
家に帰ると、既に母がベッドで横になっていた。
申し訳ない。

で、夜中のつまみ食いが楽しみです。

幻泉館日録:京のおばんざい


―――――――――――――――――――――
マリィさんとべぇちゃん@marieYK 1/2 22:48
社会学者の古市憲寿氏 「ハーフは劣化が早い」と言い放つ http://news.livedoor.com/article/detail/11020969/
 こんな国で子育てはしたくないと娘。娘の子供も生まれればハーフだから。古市ってひと、自分何様だと思ってん。
―――――――――――――――――――――



9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

0 件のコメント: