2016年1月4日月曜日

付き添い猫ヒナ


ヒナ 2015年1月3日


このところヒナの評価がうなぎのぼりである。
ずっとおっ母さんに寄り添う介助猫、付き添い猫。
のように見えるから。

動物の行動に人間の行動を投影して解釈してはいけない。
うちの中でいちばん快適な場所を探して、そこにいるだけ。
でも、母親のベッドの上がいちばん快適ってのは良いことだな。

偶然であっても、ずっと付き添っているように見えるということが大事なんだ。
ヒナはしっかりとその役割を果たしている。
ヒナがベッドによじ登ると、おっ母さんはとてもうれしそうだ。

先代猫の、とても賢くて大きくて、強いチビ君と比べられて、ヒナはおバカじゃないかなどと言われていたのだが、今は大活躍している。
おっ母さんの生活にヒナは欠かせない。
代替できるものはいない。

チビは早逝だったので気が付かなかったが、猫の真価は老いてからわかるのかもしれない。
ま、人間もそうか。





―――――――――――――――――――――
美輪明宏@akihiro_miwa__ 1/3 14:16
「いまの子どもたちは」とか「いまの若者は」などと言う前に、まず大人たちが「いまの大人たちは」と自分の振る舞いをじっくり振り返って、変えていかなくてはならないんです。まず問題なのは、大人なんですよ。 pic.twitter.com/BWnb5wLkVI

きっこ@kikko_no_blog 1/3 18:25
あたしは別に安倍晋三が冬休み中に映画鑑賞とゴルフ三昧だという点を批判してるわけじゃない。「国会もひらかず、国民への説明責任も果たさず、よくもまあノンキに冬休みなど取れたものだ」と呆れているだけだ。
―――――――――――――――――――――



9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

0 件のコメント: