2016年1月3日日曜日

チキンカレー

2016年1月3日


「今夜はカレーだよ」
「わあ、やった!」

家庭でこんな会話はもう聞かれないんだろうな。
ごく普通のカレーライスがごちそうだった。
お祖母ちゃんは煮干しで出汁をとってカレーを作ってみたが、これは家族に不評だった。
60年代、まだ戦後の香りを引きずっていた。

母が「今夜は何がいいかねえ」と訊くので、「カレーでいいですか? まだおせちが少し残ってるけど」。
「いいねえ」
おせちもいいけど、カレーもね。
たぶん母は自分が作るつもりでいるのである。

昨日の買い出しで豚肉と鶏肉を買っておいた。
久しぶりにチキンでカレーを作ろうか。
本当は大きな具がとろとろになるまで煮込んだらおいしいんだけど、具はできるかぎり小さく刻むことにする。
ミニサイズのリリパット・カレー。
お、はちみつ入れてみるか。
ブロッコリーも行くか。


:¥・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・えw3222222222222222222222@p:;3


上の行はヒナが入力したものです。
テーブルの上にノートPCを開いたままおっ母さんの部屋に行っていたら、やられました。
この後ご褒美に、チキンを炒めたものを少しあげました。

母の部屋の石油ストーブでコトコト煮込み、お腹が空いたと言い出したら、ルーとブロッコリーを投入しましょう。
自分で食べる時は入れないジャガイモも、小さな賽の目に切って炒めました。
うまそうだな。

レタス、トマト、セロリを少しずつ盛り付ける。
そうそう、キンカン。
大きくて立派なものが安かったので甘露煮でもしようと買ってきたのだが、おっ母さんがうれしそうに食べるので、そのままで行くことにした。
あと、どうやら母の大好物の甘栗と、例の黒豆。

今回はさすがに私も本気です。
社会や他人様のことなど考えている余裕はありません。
自分のためだけに生きている。
一億総活躍?
なんだそりゃ。
ほざいてろ。





―――――――――――――――――――――
ジャーナリスト 田中稔@minorucchu 15:24
もうひとつ、スラップ(恫喝・嫌がらせ訴訟)。日本で最大の原子力ムラの実力者が、私が執筆したリポートに対して、出版社ではなく私個人に対し6700万円もの法外な請求訴訟を提訴。2年間の闘争で私は準備書面1000枚超を法廷に提出。激しい応酬の末、実力者は訴訟を取り下げた(和解ではない)

ジャーナリスト 田中稔@minorucchu 13:47
スラップ(恫喝・嫌がらせ訴訟)といえば、国立市長による上原公子元市長に対する訴訟もスラップの典型例。市民自治を掲げ景観保護の政策を推進した上原氏個人に対し高裁は先月、4324万円(遅延金含め)の支払い判決を下した。首長の政策判断を委縮させる。米国のようなスラップ抑制の法制度が急務

早川タダノリ@hayakawa2600 13:48
靖国神社は氏子いないはずだけどなあ。

早川タダノリ@hayakawa2600 13:46
靖国神社に初詣する人の「常識」もやや微妙。
―――――――――――――――――――――



9条を殺すな!

幻泉館 リンク用バナー

0 件のコメント: